備忘録

思ったこといろいろ

ジャニーズ嫌いだった私がキスマイを好きになるまで

ブログを始めるにあたり、自己紹介も兼ねて一番最初にこのことについて書こうと思っていたのですが、思っていた以上に文章がまとまらなくて中途半端なタイミングで投稿することになってしまいました。今回はタイトルの通り、私がキスマイを好きになった経緯についてまとめておこうと思います。本当はキスマイの中でも宮田くんを選んだ経緯までまとめて書きたかったのですが、あまりにも長くなってしまうのでそれはまた別の機会に。
タイトルにもある通り、キスマイを好きになる前はとにかくジャニーズを毛嫌いしていた人間なので、お前調子に乗ってんのか!!!というようなことを度々ぬかしていることを先に謝っておきます…本当にすみません…今ではジャニーズには頭が上がらないくらい感謝しています。


当然のことですが、ジャニーズが嫌いとは言っても生まれた時からジャニーズが嫌いだった訳ではありません。野ブタ。をプロデュースが放送されている時にはクラスメイトと一緒に修二と彰どっちが好き?山Pかっこいいよね〜!というような話題で盛り上がり、KAT-TUNがデビューした時には人並みに曲を聴いて誰が1番好きだというような話をしていた記憶があります。


そんな私がジャニーズを大した理由もなく毛嫌いし始めたのは、アニメにハマり始めた小学校高学年の頃。周りの子が嵐や俳優なんかにハマっていく中で、何かの拍子に所謂萌えアニメと呼ばれるものを見た私は「何だこの面白い世界は…」と二次元の世界に片足を突っ込みます。ここから狂ったようにアニメを見始め、同時にジャニーズを見てもいや別に格好良くないし…という感情を抱くようになりました。今となっては、ただ単に周りと同じようなものを好きになるのが嫌だっただけなんじゃないかという気もしますが、とにかくこの時期からジャニーズに対しても、ジャニーズに対してキャーキャー言う女の子に対してもちょっとよく分かんないな…という感情を持ち始めた覚えがあります。
ここから数年間、とにかくひたすらジャニーズを避けまくる生活が始まります。基本的に観ている番組にジャニーズが出たらチャンネルを変えるか目を逸らす。何をそんなに必死になっているんだと今となっては思いますが、その時は本当に徹底してジャニーズに関わらないようにしていました。もしかしたら、ただ単に家族や友人に格好良い男の子を見て騒いでいるところを見られるのが恥ずかしかっただけなのかもしれません。


中学生になってからも、相変わらずアニメや漫画中心の生活を送っていました。ちなみにこの時期に好きだったのはある少年漫画で、同世代の女の子の多くがアイドルや俳優にキャーキャー言っている時期に、私は漫画のキャラクターに向かってキャーキャー言っていました。
この時期に身近にいたジャニオタとして挙げられるのが、クラスメイトの大野担と櫻井担の女の子。この頃の私はジャニオタに対して、とにかくキャピキャピしていて自分の好きなアイドルを恋愛対象として見ている人たちというとてつもなく偏ったイメージを持っていたのですが、この二人の女の子はびっくりするくらいこのイメージに当てはまっていました。特に大野担の女の子は、クリアファイルや下敷きなどの持ち物をとにかく大野くんの写真が大きく印刷されたもので統一、大野くんの写真付きのキーホルダーを通学カバンにつけ、挙げ句の果てには100均で大野と書かれた印鑑を買ってきて「私今日から大野○○になる〜♡」というようなことを日常的に言っているようなちょっと変わった子でした。ただでさえジャニーズに関わっている女は頭が弱いというあまりにも酷い偏見があった上に、その子の謎の行動を目の当たりにしてしまったことで「やっぱりジャニーズが好きな女っておかしい…」と、より一層ジャニーズ界隈に対する偏見を強めていきます。
そんなこともあって、自分の方からジャニーズに近寄るようなことは一切なかったのですが、いかんせんその子達が教室で嵐の曲を歌ったり、嵐が出演する番組の話をしたりするので、嵐に対しては他のグループに比べると多少知識はあったし、話題にもなるかなとひみつの嵐ちゃん嵐にしやがれなどの番組はほぼ毎週見ていました。身近に好きな人がいてディスれないという最低な理由からではありますが、この時期に嵐に対しては多少心を開いていきます。一方で、やっぱりジャニオタのことは怖がっていて、尚且つこの頃には二次オタの自分はジャニーズに関わるべきではない…あの人たちは私とは相容れない存在なんだ…という謎の思い込みも生まれ始めます。
丁度この時期に、後に私がずぶずぶとはまっていくことになるKis-My-Ft2、そしてSexy Zoneがデビューしているのですが、デビューシングルのプロモーションで様々な音楽番組に出ているのを見て、なーーーにがローラースケートじゃ!!!何でバラ持っとんじゃ!!!セクシーローズださすぎわろたwwwとそれはもうボロクソにディスりまくっていて、今となっては床に頭をこすりつけて謝りたい気持ちでいっぱいです…私は何をそんなにムキになっていたんだ…ちなみに、キスマイに対しての、というより宮田俊哉に対しての第一印象は本当に最悪で、当時の私はキスマイがテレビに映る度に文句を言っていたのを覚えています。確か初めて見た宮田くんは音楽番組でオタ芸を打っていじられていたのですが、タチの悪い二次オタだった当時の私は、それを見て「アニオタをキャラにするな!!!!舐めてんのか!!!!!」と大激怒。今思うとハァ???という感じですが、当時の私はジャニーズなのにオタクという肩書きが許せなくて、何だこいつらはさっさと解散しろ!!!!とめちゃくちゃなことを思っていました。Sexy Zoneに関しては、この人たちまだ子供じゃん…とか思いつつも、でもこの外国の子だけは可愛いな…ジャニーズ嫌いだけどこの子は応援してあげても良いかも…とかクソ生意気なことを思っていました。何様のつもりなんだ…
この頃になると、ある歌手だか俳優だかよく分からない人ををゆるゆる追っかけ始めるのですが、母親がその人のことを「顔も良くて歌も踊りも上手いんだからジャニーズにでも入れば良かったのに…」という風に言っているのを聞いて「ジャニーズだったら応援してないから!!!!!」とブチ切れた記憶もあります。一体私はジャニーズに何をされたんだ。


そうこうしているうちに高校生になりますが、相も変わらず二次元にどっぷりな生活を送り続ける日々。この時期にそれまで好きだった漫画の連載が終了してしまったことで、追いかけるジャンルが少年漫画から乙女ゲームに変わります。中学の時とは打って変わって、クラスにジャニーズ好きな女の子はいなかったので、良くも悪くもジャニーズに関わる機会は少なくなっていました。二次元の男の子は格好良いし裏切らないし最高だよな〜それに比べてジャニーズは…と相変わらず無駄にジャニーズを目の敵にしつつ乙女ゲームと声優の沼に沈んでいきます。
乙女ゲームにはまるのとほぼ同時期に、ある女性アイドルグループを追い始めるようになるのですが、田舎でアルバイトも出来ず親から貰うお小遣いだけで生活していたこともあり、遠征はおろかCDすらもろくに買えず、YouTubeで公開されるPVやラジオ、出演番組のチェックといった、いわゆる茶の間的な楽しみ方しかしていないながらも、こんなにキラキラした世界があるんだ…と衝撃を受けた覚えがあります。今思えば、ここでアイドルに対する感情がポジティブなものになったことも、ジャニーズ嫌いを克服するきっかけのひとつになっていたのかもしれません。そんなこんなで、大した理由もないのに相も変わらずジャニーズを疎ましく思いつつ、乙女ゲームやら声優やら女性アイドルを追いかけて高校時代を過ごしていきます。そんな中で、私のジャニーズへの見方が変わる転機が何度かにわたって訪れます。
まず一番最初にやってきた転機が、玉森くんの出演していた一ヶ月一万円生活。丁度その時間帯に見たい番組が無く、しょうがない見るか…と思ったのがこの番組を見ることになったきっかけだったと思います。見始めてまず最初に思ったことが、ジャニーズもこんな仕事するんだ、ということでした。ジャニーズを意識して避けてきた私にとって、ジャニーズと過酷なバラエティ番組とはなかなか結びつかなかったので、意外と頑張ってるんだな…と上から目線で感心しつつ視聴開始。最初こそ、まぁでもどうせジャニーズだからってちょっと優遇されたりするんでしょ?なんてことを思っていたのですが、実際見てみると全然そんなことは無くて、ひたすら玉ねぎを食べ続ける玉森くんを見ているうちに、あれこの人なんか頑張ってるし可愛い…?と思うようになりました。結局番組が終わる頃には私だけではなく家族全員に玉森フィーバーが巻き起こり、玉森くんに玉ねぎというあまりにも酷いあだ名をつけて、玉森くんがテレビに出るたびに玉ねぎ出たよ!!ほら!!とみんなして釘付けになる始末でした。
そしてこの一ヶ月一万円生活がきっかけで、玉森くんが主演のドラマぴんとこなを家族で見ることになるのですが、これが二つ目の転機になります。きっかけこそ玉ねぎ出るから見ないと!!という謎の使命感からだったのですが、中山優馬演じる澤山一弥のキャラクターがとにかくツボで、単純鳥頭の私はあれ…もしかして中山優馬って格好良い…?といとも簡単に手のひらをひっくり返します。この辺りで私の中にあったジャニーズに対する謎の嫌悪感は多少薄れ始めていて、とんがりコーンのCMが流れた時にま〜〜〜たお前か!!!と理不尽にキレることも無くなっていました。
続いて三つ目の転機は、仲の良い後輩がキスマイ担だったということ。一ヶ月一万円生活とぴんとこなを見て多少ジャニーズに対して心を許し始めている頃に、よく話す後輩からキスマイについての話を聞きます。話の内容こそ「私キスマイ好きなんですよ〜!玉ちゃんの可愛い顔なのに鍛えてるところが本当にかっこよくて…」みたいな当たり障りのない内容だったのですが、ここでも私は単細胞生物っぷりを発揮して、この子が好きならキスマイって良いのかも…なんてことを思い始めます。ちなみにこの後輩は私がキスマイ沼に足を突っ込むと同時に三代目沼へと身を沈めていきました。出来ることならもっと深い話をしてみたかった…
さて、この三つ目の転機から当分の間は大した出来事は無く、ジャニーズに対して以前ほどの嫌悪感は無くなっていたものの、相変わらずこちらから歩み寄ろうという気もなく今まで通り二次元の男の子にキャーキャー言いながら過ごしている時に迎えた四つ目の転機が、母親に勧められて見たキスマイBUSAIKU!?です。おそらくかなりベタなのだろうと思いますが、この番組が、私からジャニーズに対する偏見を取っ払い、キスマイを応援しようと思い始める一番大きなきっかけになります。いつも通り家族でテレビを見ている時に突然母親から、そういえば昨日面白い番組見つけたから見てみなよと勧められ、えっ何?と思っている内に画面に大きく映し出されるキスマイBUSAIKU!?の文字。以前に比べるとジャニーズに対する偏見は薄れていたとはいうものの、まだ完全に無くなっていた訳ではなかったので「えっ何これキスマイってジャニーズでしょ?!!見ないからねこんなの!!!!」と自分でもびっくりするほど抵抗したのですが、良いからとにかく見て!!と突然始まった鑑賞会に強引に参加させられます。3位、2位とカッコイイのコメントとともに流れるVTRがあまりにも恥ずかしくて、何これ全然面白くない…もう見ない…と言っている間に4位以下のVTRが始まり、その衝撃的な内容に気が付けば釘付けになっていました。ジャニーズだというのにも関わらず一般女性から浴びせられる辛辣な言葉、本当に真面目に考えているのかと思う程にツッコミどころ満載のシナリオ、駄目出しされてもなお自分のどこがいけないのかに気付かないメンバー…そのどれもが私の中のジャニーズのイメージからは大きくかけ離れていて、何この人たちジャニーズなのに格好つけてないし面白い!!とすぐにキスブサの虜になっていました。その時の私はセンター3人のことしか知らなかったので、4位以下のVTRを見てもそれが誰なのかさっぱり分からなかったのですが、その4人が真面目に考えたはずのVTRと一般女性のコメントがとにかくひたすらに面白くて、番組が終わる頃には、テレビを見ながらこんなに笑ったことがあるかというくらいひーひー言っていたのを覚えています。
これを機に私のキスマイに対する印象は、にわかオタクと玉ねぎがいるいけ好かないローラースケート集団からなんだか面白い集団へと変わります。もともとオタク気質だったこともあってか、この日以降とにかく毎週キスブサをチェックするようになり、それだけでは飽き足らず過去の動画を探し出しては見るという生活が始まります。少ししてからキスマイにはキスマイBUSAIKU!?以外にもレギュラー番組があるということを知り、OLくらぶも毎週チェックするように。正直この番組の内容はあまり好きではなく、毎週何だこのつまんない番組…と思っていたのですが、とにかくもっとキスマイのことが知りたいという一心で欠かさず見ていました。初めてキスブサを見てから1ヶ月もする頃にはメンバー全員の名前と顔も一致するようになり、家でも学校でも口を開けばキスマイの話をしては、あれだけジャニーズ嫌いだったのにどうしたの?!!と周りの人を驚かせ、キスブサを勧めてきた母親も引くほどのハマりっぷりを見せていました。この頃にはジャニーズ嫌いを拗らせていた私は何処へやら、すっかりキスマイを応援する気になり、私がキスブサを見始めてから一番最初に出たシングルThank youじゃん!のCD買うことになります。この頃にはキスマイ以外のジャニーズに対しても特にネガティブな印象を持つことはなくなり、キスマイに対してはファンクラブ入りたいな…とまで思うようになっています。


大学生になると、周りの環境が変わると同時に身近にジャニーズ好きの友人が増え始めます。このことで、高校生の時には聞けなかった、キスマイ以外のジャニーズについての話を聞く機会が一気に増えていきます。今まで散々こちらからジャニーズに対して線引きをしてきた以上、簡単に手のひらを返してキスマイを応援することはなんだか悪いことのような気がしていたし、ずっと二次元にキャーキャ言ってきたのに今更アイドルに手を出していいのだろうかと迷ったりもしていたのですが、大学生になってから知り合ったジャニオタたちがそんなの全然気にしなくていいよ大丈夫大丈夫!と言ってくれたのも、こちら側に踏み出す大きなきっかけになりました。
そんなこともありながら、大学生特有の時間の自由さや多少の財力を使ってCDやDVDを買い漁り、現場に足を運んでいるうちに気が付けばキスマイ沼の奥深くに沈んでいき、あれだけ夢中になっていた二次元の沼からも自分でも気付かない内にぬるっと抜け出して今に至るという感じです。小学生の頃の私や中学生の頃のオタ芸を打つ宮田くんを見てキレていた私は、まさか自分がこんなことになるとは思ってもいなかっただろうな…毎日最高に楽しいから安心してね…


なんともまあまとまりのない文章になってしまいましたが、とりあえずこれが私がKis-My-Ft2とかいうとてつもなく深ーーーーい沼にはまるまでの経緯です。自分で思い出して書きながら何でこの人こんなにジャニーズ嫌いなの…と思うくらいに昔の自分は意味不明な思考回路だし、本当に各所に謝りたい気持ちでいっぱいです…こんな人間がジャニーズを応援して本当に申し訳なさしかないけど、今では心の底から大好きだよ…
初めにも言ったように、今回は宮田担になった経緯までは書ききれなかったので、また機会を見つけて書ければと思います。最後までお付き合い頂きありがとうございました。